妄想Camping

おしゃれキャンプにおけるロースタイル考察

ロースタイルは、テントやタープ等自宅に比べると比較的低い居住空間となるアウトドアの中で、

限りなく大地に近づき星空を見上げ、グレートネイチャーの世界を満喫するにはもってこいのスタイルだ。

なにより、その雰囲気が良い。カーミットチェアに座り焚火を見つめ、ビールを飲みながら煙草を吸う。

至福の一時。

 

かっこ良さにはプロセスが必要


人それぞれ楽しみ方は違えど、誰もがロースタイルに惹かれるのはその雰囲気だと思う。

勿論、例外なく自分もその1人だ。

しかし、内心少々昨今のロースタイル至上主義には違和感を覚えないでもない。

他のブログでも度々上げている信条だが、かっこ良さにはプロセスが必要だ。

そして、かっこ良さへのプロセスは苦痛を伴う。それをどこまで妥協しどんな形にするかが個性となる。

アウトドアに限らず、全ての嗜好に対する共通事項ではないかと個人的に常に考えている。

さらに、この信条はある意味、嗜好というカテゴリの中に収まりきれない、人生のテーマだとも感じている。

 

カーミットチェアは腰痛持ちへの試練!?


と、まあ堅苦しい前振りにはなりましたが、単純に何が言いたいのかと言うと、、、。

ロースタイルってかっこ良いけど状況によっては腰が痛くなるんだよ!

そこちゃんと書いといてよメディアさん!と、、、。

個人的に最も違和感を覚えるのは、おしゃれキャンプの必需品とも言えるカーミットチェアがそう。

いやいや、素晴らしい椅子なんですよ。

木材に曲線を描かせた美しさ。そしてあの、ヌメ、、、いや、ラッカーの輝きと耐久性。

なによりかにより、収納性の良さ!何かと荷物が多くなるキャンプにはもってこいのアイテムには間違いない。

だがしかし、どの雑誌等のメディアやネット販売サイト、はたまたおしゃれキャンパーのブログまでこの一点張り。

座り心地最高!

 

、、、。皆さん、ほんとにそう思ってますか!?何をもって最高かにもよりますが、、、。

 

都度、身体を起こしたり、立上り座りを繰り返すのでなければ、

腰が深めに沈むロースタイルカーミットチェアは、心地よくくつろげる事この上ない。

しかし、キャンプでのバーベキューや食事の時、または焚火に薪をくべる時等は、

上記の身体動作を繰り返す事によって腰にダメージがくる。

それでもカーミットチェアには、いや、ロースタイルにはこの苦痛に代えがたい素晴らしさがあるので惹かれるのです。

この事を理解の上でロースタイルをチョイスするか、それともマルシャル等がよく似合うハイスタイルをチョイスするか。

腰痛持ちのおっさんの戯言ではありません、決して。

11084959_348535692012341_1519705071_n

 

関連記事

  1. おしゃれキャンプを彩るお酒さま。
  2. バースデーランタン考察
  3. グランピング
  4. クマビリー
  5. イケてるキャンプの盲点。
  6. See you at Great nature Camps

ABOUT US

GRAMBILLYでは、アウトドアをテーマに超独断的おしゃれキャンプギア・素敵アウトドアギアをご紹介しつつ、ブログではジャンルにとらわれずロックンロール・ギター・JEEP等を掘り下げていきます。人生冒険家を模索し追及している次第です。ご支援の程よろしくお願いいたします。

ピックアップ/ALL GEAR

今宵のお供に/キャンプとお酒(レシピ)

アイリッシュ・コーヒー

・アイリッシュ・ウイスキー - 30ml・ホットコーヒー - 適量・砂糖 - 適量・生ク…

Cool Tent!!!

  1. belltent(ベルテント)
  2. tipitent(ティピーテント)
  3. other tent(その他)
PAGE TOP